下へ  下へ
2007年1月31日(水)

新人が入店しました。
ヴェネチィアでの料金システムや、テーブル番号や、何をどうするか等々、慣れないこと、分からないことばかりですが、温かく見守ってあげてください。
自分が新人で、初めて水商売の店に入ったときのことなどはいつも間にか忘れてしまって、「他人に厳しく自分に甘い」人間性を身につけて、周りを批判しては憮然として当たりしている人がよその店では多いのです。


ヴェネチィアに入店するのは、とてもいい機会で、いままで織り成してきた自分の過去が一度リセットして、また今から自分という人を周りに示していく。
いってみれば人間関係を自分で再構築していく機会になるわけです。

誰もが毎日のちょっとした言動の積み重ねが、自分の人間性を積み重ねていることに、分かっているつもりでも暫らくたたないと、普段の言動の何でもないことの重要性が認識されないのです。
深い自覚も無いままに、思いついたこと、感じたことを、口に出しているだけの機械になっている人はいないでしょうか?

ホステスは、接客を通して、人間性を高めていく職業と業なのです。
暴露記事になってしまったかな?

2007年1月30日(火)

待望の新人入店です。
\(^0^)/ワーイ((^_^))エム((^_^)/シー /(^-^)\エ!

新人が入店すると、店が活性化するんです。
お客さんはどんな子が来たのかなと興味がわいて、写真を見に来る人もいるし、ホステスさんは新しい子が入ると、お客さんへの店からの電話やメール案内でお客さんの数も増えるから、中には自分の方を指名してくれる人もいるので新人入店歓迎だし、自分をよく指名してくれるお客さんが自分に戻ってくるように接客サービスにも磨きがかかります。
新人が入店するとホステスさんはわがままが押さえ込まれて素直ないい子になっちゃうんですね。
遊ぶなら今が狙い目かも知れません。

新人入店が暫らくの間ないと、お客さんは新鮮さを感じなくなってしまうし、ホステスさんはマンネリに陥ってしまいます。
お客さんが少なくなっても暇な理由を他に探して自分をナットクさせてしまうんです。

活性化したヴェネチィアを体感して見てください。
新鮮な驚きを感じられるかも。

2007年1月29日(月)

今年は暖冬だから花粉も例年より早く飛ぶんじゃないでしょうか。
それも暖冬の影響で、いつもより多く飛びそうな予感にビビッてしまいます。

花粉が飛ぶ前に医者に行った方がよいそうです。
花粉症は症状が出る前に医者にかかることができる、唯一の病気らしいですね。
鼻水は止まらないし眼はかゆくなるし、こんなところで流行に敏感では困るんですが、最先端を行っているんです。

┐( -"-)┌ ヤレヤレ

流行といえば小松での流行はベネに行くこと。
流行に乗り遅れずにベネに来てくださいね。o(^-^)o

2007年1月27日(土)

都心部は求人倍率が2.0となって、好景気なようで人が足りない状態になっているようですが、地方はまだまだ好景気には程遠いような気がします。
中国などに対抗できる産業とは、どんな産業が景気がよいのでしょうか?
北陸にもそんな産業が育って欲しいですね。
やはり教育が大事ですね。
先進的な技術やITなどは特化して教育する専門性が求められますから。
専門的技術やITは研究と産業の両面が必要ですから、一般人の頭脳からどんどん乖離して行って、将来は道を歩いているどうしが話をしても、専門性に特化した人同士が話すことは全く理解不能チンプンカンプンになって、話す人も聞く人も異星人を相手にしているように感じるでしょう。
今のジェネレーションギャップなどよりももっと凄い状況が生まれるような気がします。
そのころには、今生きている人は誰もいないころでしょうが。いや、もうすぐかも・・すでに始まっているかも。
今時の子供が、話している事、意味不明に感じてきています。

2007年1月26日(金)

雪祭りが出来ないとか、航空自衛隊の除雪隊が訓練ばかりやっているとか、ゴルフ場が1月最高の売り上げだとか、暖冬の影響でのニュースが飛び交っています。

有難いことで裏日本とか言われて損な条件が多かった西日本もこのまま暖冬が続いて毎年定着してくれれば、冬の季節風ともおさらばして温暖な気候になり、地球気候大変動で日本は亜熱帯になり、東日本で南風の季節風が台風と共に強くなり、変わって西日本の日本海側は温暖な気候に変わることを夢想してしまう。
北朝鮮も中国も資本主義社会に組み込まれ、アジアとの交流が安全で活発になり日本海側が銭谷吾平の時代のように文字通り表日本となる日を考えてしまう。


しかし、そうなるのも近いような・・

2007年1月21日(日)

冬らしくない暖かい土曜日で、怒涛の日本海も鳴りをひそめて、過ごしやすい温暖な日は、ふらりとベネに立ち寄ってみるのはいい日和です。
いつもなら縮こまって小さくなっている意識も、暖かさでゆったりと伸びやかに自己主張をしている日は、ベネで過ごしたくなる思いが首をもたげてくるでしょう。
身体も意識も癒しを求めている現代社会の只中にあって、貴方のオアシスとなる、救済基地ヴェネチィアの存在をお忘れなく。
いざ、ベネへ参ろう。

2007年1月17日(水)

1月の半ばを過ぎて、正月に出費を重ねた財布が、緊縮財政を思って控えていた気持ちも少しずつほぐれてきて、身体の中からの訴えるリズムは、「そろそろ遊びに出かけてもいいんでは、我慢も身体に良くないぞ」と訴えかけているころではないでしょうか?

暖冬で、あちらこちらで梅が咲いたりふきのとうが咲いたりと、狂い咲きしているこの頃、私たちの身体の奥からも啓蟄を待たずにうごめく男の蟲を感じたら、救済の館、ヴェネチィアに行くことは自身の平穏に貢献する道ですぞ。

暖冬で、身体から発散する抑えがたい思いを受け取るために、ヴェネチィアは存在しますよ。待ってます。

2007年1月13日(土)

今日は北海道沖で地震で津波だとか、この頃の北海道は、この前の大雪、夕張の破綻、竜巻と災難続きでかわいそうです。
活発に動く地盤の上で、四季変動の激しい国土に暮らしている毎日は退屈しないのはいいけれど、変化にすぐに対応する心構えを持って生活する必要がありますね。

四季変動もない温暖な気候の中で生活して、経済活動もゆったりとした昨日と同じ今日をおくる日々を幸せと感じるか、ダイナミックに躍動するビジネス社会で、勝ち組負け組みのはっきりした大金持ちにも貧乏にもなりえる社会で、携帯電話も1年もたたずに新機種に変えて、目まぐるしい日々を送るのを幸せと捕らえるか。
生まれる国を選べませんが、人は無い物ねだりをして隣の青い芝生を夢想してしまうのです。

私は、この日本で平穏でゆったりとした生活をしようと指向しているんですが、無理でしょうか。

それより、ヴェネチィアをまずは繁盛させることですかね。
今日も頑張って税金を払うために店を開けよう。

日本経済の活性化のために今日もヴェネチィアに来て、日本経済のために貢献してくださることをお願いします。

2007年1月12日(金)

この頃は携帯のブログに書き込んでいる人も多くいるそうですが、どれだけの人が見にくるんでしょうか?
ヴェネチィア情報を携帯サイトに載せてみたんですが、文章を読んでくれる興味のある人がどれだけいるんでしょうか。そっちの方にこそ興味があるんですが。

しかし携帯の機能はどこまで進化するんでしょうか。
モバイルパソコンとしてもっと活用せねばと思っているんですが、親指打法が若い人みたいに打てないし、キーボードのほうが打ちやすいしで、なかなか携帯をモバイルPCとしては活用できていません。

携帯1台1台が特別なパソコンと同じで、携帯を変えるとパソコンをソフトごと変えたと同じで、最初から覚えねばなりません。
パソコンなら、入っているソフトと性能が違うだけで、どのパソコンも同じですからね。
やっぱりパソコンの方が楽だな。

携帯はフリーズはないのかな?
メモリーを増設できる携帯があればおもしろいような。
ドコモの待ち受け画面がyahooになって、ソフトバンク携帯でオンデマンドTVが見れるように早くならないかな。

今日は脱線ばっかりだ....。

2007年1月11日(木)
ヴェネチィアに来る人の中には自分のブログを書いている人もいるんでしょうか。
書いていたら、教えてほしいですね。
それともやはり、ベネに行っている自分がブログの本人だとは知らせたくないでしょうか?

見に来たくなるブログはあまり多くないですからね。「ヴェネ情報」のメールも読みたくなるメールを心がけて目指していますが、読んでいてどうでしょうか?
書いて欲しいメールの内容がありましたら教えて欲しいです。
だけどホステス個人のあばき情報発信は控えないと個人情報保護法に引っかかって訴えられますから、そうならない範囲のものに限るということでリクエストがありましたらメール返信ください。

では、今日もお店はやっています。
仕事して、飯食って、寝るだけじゃ人生つまらないと思いませんか?
この意見に賛成の人は、即ヴェネチィアに直行です。待ってます。
2007年1月10日(水)

正月でお金を使った人は、次の給料が入るまであまりお金を使えないかも知れませんね。
今が一番苦しいときなんじゃないでしょうか?
こんな時、VISAやJCBのカードがあると助かりますね。ヴェネチィアもほとんどのカードが使えるんですよ。

現金の持ち合わせが無いときでもカードさえあれば、食べることも買い物も遊びもすべてOKですからね。
いざというときのために、1枚作っておいたほうがいいのでは。

2007年1月8日(月)

新潟はまた地震が来て震度4、かわいそうな気がします。
自然の脅威とはいえ、同じところに集中的に襲われたら、精神的に捨てばちになるんじゃないでしょうか。
今の平和が、いつ足元から崩れてしまうかも知れない、不安定な上で生活をしているんだという意識を常に持って、少しの蓄えを増やしていって、いざというときに備えないといけません。

私たちの生活はお客さんが来ないと成り立たないので、災害があった日には誰も、ヴェネチィアに来てくれませんからね。
おぉ、コワ!

2007年1月6日(土)

今日で正月営業は終わりです。
明日からは平常営業です。
お客さんには関係ないことですが、今日まで店ではキャンペーンで、ホステスさんが指名数を競っていたのです。
そのキャンペーンの今日が最終日。
ホステスさんにとっては、キャンペーンの順位が、即自分の魅力度や、貢献度などに、置き換えて考えることができます。
ですから、キャンペーンなんか気にしないと想いながらも気になるところなんです。

オキニの子を、応援に今日のキャンペーン最終日に指名でいらしてあげてください。
応援してくれるお客さんがいることは、ホステスさんの勲章みたいなものです。

「ホステスさんに魅力があるから応援してくれるお客さんができるんだ」と、考えられるからです。

2007年1月5日(金)

正月気分が抜けないままに仕事に行かれた方もいるかも知れませんね。
お屠蘇まみれの正月が大半ではないでしょうか。
友達と顔を合わせればまずいっぱい。
親類の家に行けばまずいっぱいとなります。
飲酒罰金が上がり、検問が厳しくなったからハンドルは握らなくとも、近場で飲むという習慣にシフトしてきているような気がします。
タクシー代や代行代を飲食代金以上に払ってまで飲むよりも、歩いていける近いところで飲もうという人が多くなるのは当然のことです。
ヴェネチィアでもビールの消費量がだいぶ減りました。変わって増えたのがソフトドリンクです。
ガストにあるような、フリードリンクの機械を入れてボタンを押せば飲み物が出てくるようになっています。
メニューはメロンソーダ、カルピスソーダ、カルピス、Hi-Cピーチ、コーラ、オレンジ、ウーロン茶です。
ヴェネチィアのフリードリンクの機械を試して、勝手に好きなものを持って行ってください。
しかし、ホステスさんがやさしく持って来てくれると思いますが・・・。

2007年1月4日(木)

世間一般に仕事体制に入りましたね。
ヴェネチィアはズ〜と、もうそのモードに入っています。
水商売は、世間一般の人が遊んでいるときに仕事している。
世間一般の人が仕事している昼などは、休んでいる職業と認識しています。
が、この頃は世間の人が休んでいると、それを理由に休む、世間の人が活動期に入って水商売が暇になると出勤が多くなる人も増えてきたように思います。
世間一般の人を相手に商売している水商売業のホステスとしては、サイクルを掴んで仕事をすることは大事なんですね。
今日は世間一般の人が遊んでいるときに仕事する良識的なホステスさんがいっぱい出勤しています。
年賀の顔出しを待っています。

上に

上に

直線上に配置