2010年平成22年 9月 店長のつぶやき 下へ
下へ
2010年9月25日(土)
正しい歴史教育を始めて欲しい

海上保安庁に中国の船長が逮捕された後の中国側の対応は、まるで脅しのようであり、国際社会に中国の脅威を見せつけました。
あれでは日本だけでなく、世界各国が中国の品位を疑ったはずです。

中国共産党と同じ共産党の、日本共産党は、「政府が、尖閣諸島の領有権に、歴史的にも国際法的にも明確な根拠があることを、中国政府や国際社会に明らかにする積極的な活動を行うことが必要だ」と、適切なコメントを言っている。

石原東京都知事は、「例えば日本の潜水艦が韓国や北鮮、中国の領海を侵犯したら爆雷を落とされる。何で日本はやらないのか。防衛省はアメリカとの防衛演習を尖閣でやればいい」と語った。

中国は、二桁に軍事費を増強している。
歴史的にも、膨大な軍事力を持っていた国は、持っている軍事力を必ず使っている事実がある。
ましてや中国は、日本が中国国民にひどいことをしたと、誇張した嘘の歴史を教えている。
中国の反日教育で育った国民が、強大な軍事力を持ったとき、軍事対象先は間違いなく日本です。

アメリカで30年、60年で明らかにされた極秘書類の史実を使って、証拠に基づいた正しい歴史を教え、オレンジ作戦や飲めないハルノートでアメリカが意図した戦争に引きずり込まれた事実を教えてほしい。

第2次世界大戦の時、中国の共産党軍も、日本軍と国民党軍が戦っていたとき、停戦合意すると、国民党軍に紛れた共産党員が発砲して、日本軍と国民党軍を戦わせた結果、関東軍はズルズルと引っ張りまわされ、共産党軍が中国において政権をとることが出来たのだ。
田中角榮総理が中国を訪問したとき、毛沢東は日本軍のおかげで共産党が政権を取れたと語っている。

戦争だから、中国人を殺したとしても仕方ない。
ましてや、軍服を着ないで民間人に紛れて攻撃してくる中国軍を相手に、民間人に被害が及ぶのも当然だ。

非難されるのは、中国軍の対応なのだ。

中国人は反日教育の歴史を教えられ、日本人は近現代の歴史をまったく教えられていない。
証拠に基づいた正しい歴史を作って、国民に教えて欲しいものだ。
歴史を知ることが、日本人であることに自信を持て、愛国心を育む。

2010年9月24日(金)
尖閣諸島問題で言いたい

尖閣諸島付近の日本領海で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突を繰り返した事件で、船長を釈放するとニュースが流れた。

不穏な中国の対応、こういう国が隣国だと嫌ですね。

日本に一番に内政干渉している国と行ったら中国でしょう。

共産主義の国ですから、選挙で選ばれるのでなくアッピール力で政治局内の上を目指します。
日本を相手にした、国内向けのパフォーマンスもあるでしょうが、中国に対しては気を付けて見ていないといけません。
隙あらばゴリ押しして、ゴリ得を狙う国です。


日本人のように真理や正義を追求する傾向でなく、相手に勝つためにはどうするかで、策略やウソがアリの国なのです。

中国軍艦船による海洋調査が繰り返されたり、中国人活動家の領海侵犯を政府が黙認したりと、民主主義が当たり前の資本主義国にしたら、共産党の意向を汲んで先走る大衆を、中国の民意のように操作する中国政府。

尖閣諸島問題も、周辺海域に石油があることが発表されてから頻繁に言い始めたことです。
領土拡張意欲がプンプンです。

国際司法裁判所に提訴して問題を白黒つけようとはしません。
中国に分がないことが分かっているからです。


石原都知事が言うように、「保安庁が持っているビデオを公開して欲しい」です。

アメリカ政府は、「尖閣諸島は日米安全保障の対象だから、中国が攻撃すればアメリカは日本を守る」と言った。
「衝突事件は組織的犯行」だとも発表している。

素晴らしい。
今回の事件で株を上げたのは、石原都知事とアメリカ政府だ。

日本政府は、もっとズバッと中国に対して言い切って欲しいものだ。

2010年9月23日(木)
大変だ!

店の建物は年季が入っていて、だいぶ古いです。

昔から少しずつ溜まってきた、捨てられずにあったものをかたずけて処分してもらいました。
長くやっていると、溜まるのはいらないガラクタだけです。
お金は溜まりません。

かたずけていたら、・・・

屋根の雨漏りを発見。

大量のシロアリの死骸も発見。

急遽、大工事になりそうな予感が・・・。
直しても、利益をうむ営業部分でないし、見積を前に渋い顔なのです。

不景気で、お客さんが少ない時期に、お金がかかることが起こる。

潤沢な資金を使って修理するなら悩みもないが、井戸の底が見えてしまって、ヴェネチィアが干上がってしまうぞ。

そんな訳です。ヴェネチィアを応援しに、盛り立てにきてください。

2010年9月19日(日)
自分ばかりを見ている

私は、日頃、あまり周りの人をみない。

人は、ジムなどにくると、筋肉隆々だったり、動きがキビキビして目立つ人に目が入ってしまう。

プールなどでも、隣りで泳いでいる人が早いと影響を受けてペースを崩してしまう。

私は、自分の感情が、一人でおしゃべりを始めると良いことが起らないのを知っている。
だから、一人おしゃべりで、感情が揺れ動かないようにしたい。
だから、淡々と決まったことをやって、自分の作業にいそしむ。

どんなメンバーがいるかは見ても、周りにいる人の顔色を伺って、相手の感情を読み取ろうなどとしない。

ジムでは、私は古株メンバーで、昔から毎日行っているから、私は相手の顔を知らなくても、相手は私の顔を知っていることが多い。

だから私が泳ぎ始めると、私は相手の影響を受けなくても、周りは私の影響を受けてしまう状況となる。

人間は関係性の動物だから、影響があるとすれば、影響を与えられるよりも影響を与える側ならいい。
影響を受けるか受けないかは、相手の問題だからだ。

私は他人は見ない。
いつも自分の内面ばかりを見ている。

2010年9月18日(土)
新米だ。炊飯器はどうする?

早く新米を食べたいです。
しかし、我が家の米はまだまだあるようです。

新米を食べるには、炊飯器を買い替えないといけないように思います。
炊飯器は、2年くらいで壊れて、米の味が最初の頃と違ってくるように思います。
毎日高温で調理に使えば、中のマイコンチップもダメになるはずです。メーカーは高温でもチップは大丈夫と言っているが。

新米を食べるなら、炊飯器を買い替えて新米を味わったほうがいいように思います。
炊飯器を買うときも、安いのをたびたび買うか、圧力IHなど高いものを買って大事に使うかを迷うところです。

買い替えて捨てるのもエコに反するし、迷います。
内釜で米を研ぐと、テフロン加工がすぐにはがれるそうです。
ボールで米を洗って、内釜に移し変えたほうがよいようです。
米を洗う専用ボールもあるんですね。
そこまではいらないと思いますが。

昔なら、底に500円玉ほどの温度センサーが付いていて、汚れると温度センサー感知不良でおこげご飯ができるから、500円玉部分のセンサーを磨けば元のおいしいご飯が炊けます。
IH圧力釜の温度センサーはどうなっているんでしょうか。

マイコン炊飯器(1.5万円前後)
IH炊飯器(2万円前後)
圧力IH炊飯器(3万円前後)
スチームIH炊飯器(6万円以上)

どこの奥さんも、炊飯器の機能と効用を解って買っている訳ではない、雰囲気と見栄でブランドを買う心理で買っているから、ご飯の味は変らないけれど、色々と機能を目新しくして付加価値を付けたようにメーカーは高く売っている。

何も解っていない消費者に買わせる手法を、メーカーはよくご存知だと感心した。

2010年9月17日(金)
私の焦点の先

生活や仕事で暮らすのに、目の前の仕事や人間関係などに一生懸命対処すれば、暮らしに困ることはありません。

例えば、経済学などを理解し、大きく社会を捉えて分析理解できたとしても、自分の商売の助けにはほとんどなりません。

しかし、私は俯瞰(ふかん)し理解し、見渡せないと嫌なんです。
平成の時代の「知識」、自分に流れるDNAの「血」、日本に生まれ金沢に住んでいる「地域」の、私に宿る3つの”ち”から逃れるべく、私は遠くに焦点を当てて生きています。

もっと近くに焦点を当てて努力していたら、店も何店舗も増やしていたかも知れません。
お金も、もっともうけることが出来たかもしれません。
生活に汲々として、金を追いかける目的だけの毎日を送りたくない。

私の内にあるのは、全体の理解への欲求の方が強いのです。
市井(いちい)の人でいいから、社会や時代を透徹(とうてつ)な眼で深く理解できることが望みです。
経済的に何とか暮らせれば、興味のおもむくままにパソコン時代の広大な知識の海を泳いでいたいです。
パソコンもまだ勃興期、周りを見渡しても3分の1の人しか使ってなくて、先行者の利得もあります。

図書館では本を多く借りれて、心を豊かにできるし、生活できるお金はあるし、パソコンでニュースや時事は即手に入るし、旅行には久しく行ってないけど、結構好きな生活を送っていると思っています。

何が幸福なのかは、人によって違うけれど、今の時代、生活に充分な収入を得られる仕事があり、身体を動かす生活習慣があって健康で、知的興味で図書館に通ったりパソコンで調べたりできる今の生活は、私にとってこの上ないかけがえのないものです。

書いて見ると、私の幸福感って、身近ですぐ手に入るものですね。

2010年9月11日(土)
収穫の秋です

来る途中、稲の刈り入れをしていました。
新聞には、もう新米の広告が載っていました。

食料は国を支える基礎です。

でも米を作っても、経費を差し引くとほとんど残らないといいます。
お百姓さんには頑張って欲しいです。

大きな野菜を作れる人を、私は尊敬します。
私にはとてもできません。

私も野菜作りをマスターしたいです。
そうしたら、どんな時代になろうと食べれると思うのです。

口に入れるものは、安全なものが一番です。
残留農薬、添加物、着色料、保存料・・・

消費者が、買う気が起きる見栄えのいいものだけが生産されるようで、食の安全が可視化する方法がないので、消費者は疑心暗鬼となるのです。

食料に携わる人やお百姓さんが、全員篤農(とくのう)家で徳の高い人ばかりなら食料も安全なのですがね。

2010年9月10日(金)
生活保護寮がいい

誰しもが今の生活が崩れたら、次の仕事が見つかって生活が安定する保障は何も無い。

貯金は底を突き、希望の仕事はない。

慣れない仕事にストレスは多く、薄給での生活に耐えるしかない。

今の日本に飢えや飢餓の恐れはなくとも、失業者は増大し、ニートは増え、ホームレスが増えている。

生活保護を受ける人が増加して、財政を圧迫している。


生活保護を受けている人の方が、年金生活者より良い生活ができる場合もある。

中には、不正受給者もいるだろう。

ひろゆき氏の意見、生活保護寮を作る案に賛成です。生活保護としてお金を渡さない。
大部屋に住み、古米を利用して無料の食事を提供する。
服の無い人に古着を活用。
1ヶ月に1度の巡回床屋。

依存症で、パチンコや酒に消えてしまう生活保護費よりも、衣食住の現物を与えたほうが更正が早いです。

ベーシックインカム

2010年9月9日(木)
タバコ1箱440円に、どうする?

10月1日から、マイルドセブンが300円から440円になります。
たばこ税は、国内たばこだけにかかっていて、外国たばこはかからないのかと思っていたら私の間違いで、外国たばこも同様に増税になるのだった。

タバコを買いだめしている人が多いようで、駆け込み需要でJTはフル操業だ。
今回のタバコの値上げを契機に、禁煙する人が多くなりそうだ。
喫煙による医療費コストの増加は1兆2千億円だそうです。1本タバコを吸うと、タバコを吸わない人が33円医療費コストを負担しているのだそうな。
喫煙による病気は、数え切れないほどあります。
禁煙外来で処方されるファイザーの飲み薬「チャンピックス」で簡単に禁煙する人が増えている。
金沢市の禁煙外来に行って、禁煙したらいかが。

ヴェネチィアのホステスさんが、スモーカーズ・フェイスにならないように、値上げを機会に禁煙に挑戦することを望んでいます。

2010年9月4日(土)
高い健康保険料をストップするには、薬の返品だ

医者に行った。
前にもらった薬を飲み忘れて、だいぶ余っていて、「まだ何錠残っている」と伝えた。
まだ残っているのに、残っている薬と同じ薬を、2週間分出してきた。
医療費、保険料の高くなる原因はここにあるのだと思う。
私も正論を吐き、断り、つき返すのも大人気ないので、そのまま受け取った。

残った薬を返品できるシステムがあればいいのだ。
薬には、賞味期限を入れるようにする。
返品の薬が、賞味期限に近いほど、返るお金も少なくなる。
医者は、もうけようとどっさりと薬を患者に渡しても、返品されれば保険点数は引かれて保険料からの補填は少なくなり、患者数に対して返却される薬の量がいつも多ければペナルティで保険点数は辛くする。

余った薬は再利用を出来るし、アフリカなど途上国に送れば感謝もされる。

どこの家庭にも、症状が改善した後、飲まれずに残った薬が必ずある。
家庭に眠る未使用薬は、医者をもうけさせ、製薬会社を太らせる。

飲まれない薬は、国民健康保険の保険料を上げている。
私たちは保険料の高いことに不満を持ちながら、飲まない薬を放置している。

厚生労働省に問題解決を願ったって絶対無理だし、どうしたものだろうか。

2010年9月3日(金)
若さを置き忘れてきた

年代によって、考えること、思考の傾向が違ってくる。

男女の性差によっても違う。

国が違えば、好きになったり嫌ったりが激しい。

自分の考えの中にいるときは、その考えが全てだ。

歳を経るごとに、別の面からも、相手側からも考えることができて、激しさが失われていく。

そうして一瞬として留まらない時の流れに流されながら、うつろい、うたかたと色あせていくのを、経験の中に認識している。

若さは、激しく身もだえする身勝手な想像。

なつかしいような、うらやましいような、過ぎ去った時間の中にすべてを置いてきた。

先の見えるこれからは、一歩ずつ一日を大事に積み重ねていかねばなるまい。


若いつもりだけは、あるのだが・・・。

上に

上に