店長のつぶやき 下へ
下へ
2012年8月1日(水)
原子力発電所の30年後の廃止を発表する

原子力発電所を稼働させるか、廃止するかで世論が割れている。

私の考えは、「原子力発電所を30年後に廃止する」と発表するのがよい。

期間が、30年でも50年でもよいが、早い時期に廃止に持って行くことを政府が約束することだ。

30年から50年の期間に、現在2%しかない風力発電や太陽光発電の自然エネルギーの開発を促進し発展させる。

原子力発電所は、新規の発電所は作らない。
研究や修理改良はやるが、建て替えたりはしないものとする。
電気系統は、上部に移動して、津波があっても壊滅的被害が起こらないように防護壁を万全にする。

津波の高さが、数十メートルになる恐れのある湾の奥にある発電所は稼働しないようにする。

上に

上に