ここから本文です

米軍との激戦地で出生異常多発=最新式兵器が原因? −イラク

3月4日18時22分配信 時事通信

 【バグダッド時事】2004年にイラク反米武装勢力と米軍が激戦を展開した首都バグダッド西郊のファルージャで、米軍が大量使用した兵器が原因とみられる出生異常が相次いでいることが分かった。英BBCテレビが4日報じた。
 現地取材したBBC記者によると、現地の小児科医は1日2〜3例の出生異常があると証言した。年々増えているといい、手や足の指が6本もあったり、脳障害を抱えていたりする幼児がいるという。
 地元医師や市民は「米軍が使用した最新式の兵器が原因」とみている。戦闘で倒壊した家屋などのがれきが付近の川に投棄され、飲み水を通じて人体に有害物質が入ったとの見方もある。ただ米側は、軍の兵器が原因との説を否定している。 

【関連ニュース】
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車10年度配備へ〜
【特集】F35ライトニングII〜次期主力戦闘機の本命を徹底解剖〜
【特集】真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
【特集】軍用機ミュージアム〜F22 世界最強の猛禽類〜
〔写真特集〕若き日の金正日氏〜知られざる素顔〜

最終更新:3月4日20時39分

時事通信

この話題に関するブログ 4件

関連トピックス

主なニュースサイトで イラク の記事を読む

みんなの感想

  • 2010年3月4日 18時27分fbh*****さん
  • 削除/違反報告私もそう思う2,926私はそう思わない149
  • 劣化ウラン弾から出るウラン粉塵の吸収だろう。
    体内被曝だな。

    小さいために体外に排泄されず、
    ピンポイントで放射線を照射し続ける。

    日本国内の再処理工場でも
    すでに起こっていないか検証が必要。
  • 2010年3月4日 18時39分mum*****さん
  • 削除/違反報告私もそう思う2,621私はそう思わない689
  • 米軍の卑劣な核兵器の影響だろう。

    劣化ウラン弾の影響は明らかだし、犯人道的な兵器を使用するなどと言うことは言語道断だ。

    このイラク侵略戦争に自民党、公明党、創価学会が支持を表明したことを日本人は未来永劫忘れるな!
提供RSS 文字サイズ:
PR
ブログパーツ

海外トピックス

注目の情報

主要メディア6紙の過去記事2年分を瞬時に検索。
全国紙の社説を比較する毎日新聞の企画「社説ウオッチング」。産経新聞の「社説検証」とあわせてチェック(本文有料)。

PR

注目の商品・サービス

PR


TITLE:米軍との激戦地で出生異常多発=最新式兵器が原因? −イラク(時事通信) - Yahoo!ニュース
DATE:2010/03/04 21:19
URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000126-jij-int